人気・売れ筋ランキングパソコンパソコン・デジカメ・ビデオカメラの新製品レビュー&特集ページ


オリックスがデルPC とイー・モバイル通信カード貸出

オリックスがデルのPC とイー・モバイルのデータ通信カードのセットでの貸し出しを開始するそうです。
基本的に法人向けのサービスみたいですね。
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20391714,00.htm

PC のリースは、購入する場合に比べ、トータルコストでは高くなります。
しかし、初期費用が余りかからないので、資金繰りを気にする企業にとっては便利なサービスでしょう。

また、今回のようにネットワークの窓口も一本化されると、余計な手間もかかりません。
余計な人手をかけられないようなところには、うれしいサービスだと思います。
posted by towar at 11:02

PC-9801が「技術遺産」に

PC-9801が「技術遺産」に認定されたそうです。
情報処理学会というところが、コンピュータの歴史において影響を与えた製品を残していく取り組みの一貫として、「技術遺産」として認定するようですね。
まあ、学会が勝手に認定しているものなので、どれほど影響があるものかはわかりません。

PC-9801といえば、windows のようなos がインストールする前の機種として登場したパソコンですね。
その後、windows の普及後も、windows 搭載の9801シリーズもあったはずです。
歴史的価値としては、windows 搭載前のパソコンとしての価値の方が大きいのだと思います。

古いパソコンをどこまで残せるのでしょうか?
後世のために残すのは、それなりに意味のあることかな。

参考:
PC-9801やJW10など往年の名機が“技術遺産”に──情報処理学会が認定
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090224/325415/
posted by towar at 21:44

ソフトバンクがPC用の定額通信サービスを開始

ソフトバンクがモバイルの定額サービス通信サービスを開始したそうです。
ノートパソコンとかで、家の外でインターネットをやるやつですね、多分。
「いつでもどこでも」と書かれているので、携帯が通じるところならどこでも利用可能なのかな?
2009年3月6日開始みたいです。
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2009/20090226_01/index.html

月額最大4,980円で使い放題になるようです。
プランの内容は、最低700円でデーターが増えると、徐々に増えていきます。
そして、4,980円分まで使うと、そこからは定額になるみたいですね。

通信機器のレンタルが必要ですが、結果的にそれは無料で使えるみたいですね。

全国で利用可能で見たいですね。
従量課金の方は、申込みをすれば海外でも利用できるようになるようですね。
携帯が通じるところなら、普通に使えると言う認識でいいのでしょうかねえ?
多分そうなのでしょう。
モバイルの通信に関しては、詳しくないので、断定できないですが。

最大で月額5,000円くらいなら、利用してもいいですね。
ノートパソコンを持ち運ぶ人は、ちょっと考えてみても良さそうですね。
posted by towar at 23:49

パソコンの出荷台数が前年比増らしい しかし、…

MM総研によると、2008年のパソコン出荷台数は前年比で4.9%増えたのだそうです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20090213/324681/

昨年はミニノートパソコンが流行りましたから、その影響が大きいみたいですね。
何年か前に、パソコンは出荷台数が伸び悩んでいるという報道を耳にした事がありました。
多少の状況改善にはなったのかもしれません。

ただ、喜んでばかりもいられないようです。
出荷額ベースで見ると4.7%の減少なのだとか。
ミニノート・パソコンは単価が安いから、価格は落ちるということなのでしょうね。

ちなみに、今年度は出荷台数が減少すると予想されるのだとか。
不況の影響みたいです。

関連記事:
08年パソコン出荷、過去最高=「5万円PC」がけん引―MM総研
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000143-jij-biz
posted by towar at 08:24

「現代用語の基礎知識」もUSB メモリ版に

「現代用語の基礎知識」もUSBメモリとして販売されるようになったようです。
なんでも、ミニノートなどはCD-ROM などの読み取りに対応していないから、というのが理由みたいですね。
ということは、今後USB メモリを使ったソフトが増えてくるということなのでしょうね。
光学ディスクの読み取りを持っていないパソコンに対応する必要はありますからね。

ところで、紙の辞書はどんどん減っていくのでしょうね。
最近は、電子辞書を使う人が増えてきました。
また、パソコンに取り込むタイプも増えているようです。
わざわざ、紙の辞書を買わないから、自然と作られなくなっていくのでしょう。

参考:
http://hachioji.keizai.biz/headline/224/
現代用語の基礎知識の価格・ユーザーレビューなどはこちら
posted by towar at 08:13

ブログの引越なんて、需要があるのかしら?

so-net がブログの引越支援機能を強化するきょうです。
でも、ブログの引越なんて需要があるのかしら?
使っているブログの使い心地が悪いなどの事情があれば、引っ越したいと思うのかしら?
プレスリリースから、ちょっと引用してみましょう。

> これまで「So-net blog」では、MT(Movable Type)形式のデータをインポート(取り込み)できる機能を提供することで、MT形式のエクスポート(出力)に対応したブログサービスからの引越しニーズに対応しておりました。このたび、『ブログ引越し支援機能』の強化を行い、一部のブログサービスからは、ブログ記事だけでなく画像のインポートも可能になります。

私の日本語の読解力が無いのかしら?
どこがどう違うのかさっぱりわかりません。
画像のインポートができるようになっただけって事?

プレスリリースの文章が読みにくいって致命的だと思うんだけどなあ。
あるいは、たいした発表じゃないからあえてわかりにくくしたとか。
どうなんでしょ。
posted by towar at 06:23

USB でつなぐだけで、別のパソコンをコントロールできるツール

USB ケーブルでつなぐだけで、二台のパソコンを一台でコントロールできるような機器が発売されたようです。
それを使うと、一台のパソコンを使いながら、別の一台を操作できるのだとか。

> コレガは2009年1月29日、USB 2.0を搭載した2台のパソコンをつないで、片方からもう一方をリモートコントロールできるようにする機器「CG-UMPC2RUL」を発表した。この機器を使って、ネットブックなどの小型ノートと、使い慣れたデスクトップパソコンをつなげば、デスクトップ機のキーボードでネットブックを操作できるようになる。
> http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090130/323829/

とても便利な機能ですね。
しかも、つなぐだけでOK というのにちょっと驚きました。

コレガ PC2台用 USB対応 リモートPC操作機能、ファイル交換機能搭載 パソコン自動切替器 CG-UMPC2RUL

ただちょっと気になるのが、セキュリティの問題です。
何か悪用されそうな気がします。
パソコン同士でデータのやりとりができるわけではないのかなあ?
いや、ファイル交換可能ですね。
これだと、セキュリティ対策難しくなりますね。

会社のパソコンとつないで、社外秘データを持ち出すなんて事もしやすくなります。
あと、ウェルスファイルを直接送られるとか。

便利だけど、ちょっと怖いですね。

posted by towar at 14:04

キーボードを使ってメモを取れるツール 出先で文章を書かないといけない人には便利そうです

キングジムという会社が電子的にメモを取ることのできる「ポメラ」という商品を発売したようです。
キングジムはテプラを作っている会社ですね。

この「ポメラ」、要するに、小型のワープロという感じみたいです。
書体やレイアウトなどの設定もできないみたいですね。
ただ、単にテキストを入力する事ができるだけみたいです。

PC とUSB 接続できるので、パソコンとデータをやり取りするには簡単ですね。

外出先で文章を書かなければいけない人は便利かもしれませんね。
あと、会議中のメモとかにも使えそうです。
授業中のノートとかにも便利かもしれませんね。
色々な用途で使えそうです。
キーボードはちゃんとしていそうなので、入力もしやすそうですし。
文章を書いていて、これ欲しいなあと思いました。

ポメラ
posted by towar at 16:18

管理者のレベルでは、USB メモリを危険と感じているようです

> 「USBメモリに警戒高まる」、シマンテックがエンドポイントセキュリティ意識調査
> http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/topic/2009/02/05/14866.html


記事によると、USB メモリによる「情報漏えい」と「ウィルス感染」が懸念されているようです。
USB メモリの手軽さが、逆に、懸念材料になっているということなのでしょう。
手軽に情報を持ち運べるということは、社内情報を社外に持ち出すのも簡単ということですよね。
あるいは、個人ユースのPC がウィルス感染している場合、それを持ち込む懸念もあります。
個人ユーザーだとウィルス対策をしっかりしている人ばかりではないでしょうからね。

> もっとも影響が大きいと感じるセキュリティ脅威の侵入経路としては、(中略)「USBやCDなどのメディア」が33.3%でトップとなった。

ネットワーク経由のウィルスの方がシステム的に防ぎやすいという認識なのでしょうか?
確かに、ネットワーク経由より、USB メモリやCD などの方が危険な感じはしますね。
posted by towar at 02:55

シルバー層向け?の「らくらくパソコン」が好調らしい

富士通「らくらくパソコン」という名前で発売したパソコンが売れているそうです。
パソコンは難しいからとあきらめてしまったような人でも使えるようなパソコンだそうです。

最近は、パソコンの買い替えペースが落ちているらしいです。
売上を増やすとなると、パソコンを今まで使っていなかったシニア世代ということなのでしょうね。
この世代なら、お金も持ってでしょう。
使いやすいとなれば、ためしにという人も結構いるのかもしれません。

らくらくパソコンの価格チェックはこちらからどうぞ。
15万円前後が売れ筋みたいですね。



開発者の方へのインタービューが載っていました。
開発の経緯が気になる方はチェックしてみてください。
ちょっと長いです。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090204/129742/?P=1
posted by towar at 16:15
新着記事
カテゴリ
過去ログ


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてくださ い。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。